月を眺める孤島

月を眺める孤島

多分デレステとポケモンの話がメインのブログです

アタポン(オトメモリ)形式イベントのptの考察

前回の記事でGrooveイベントの獲得ptについてまとめたので、ついでにアタポン形式イベントもやっておきます。計算ミス等が無いとも限らないので、データの利用は自己責任でお願いします。
【追記】7/17に大幅な加筆修正を行いました。


shinemoon227.hatenablog.jp



ptの貯め方

f:id:shinemoon227:20170716031738p:plain


アタポン形式イベントでは、イベント曲以外の楽曲をクリアすることで難易度(消費スタミナ)とスコアランクに応じたptとアイテム(○○エンブレムという名前の場合が多いので、この記事では以降エンブレムと呼ぶことにします)が獲得できます。
また、イベント曲をクリアすると難易度(消費エンブレム数)とスコアランクに応じたptが獲得できます。
イベントを回す人の大半はMASTERでSランクを取る以外のプレイをしないと思うので、以降はそれを前提として話を進めていきます。


獲得pt 獲得エンブレム
スタミナ18曲 50 50
スタミナ19曲 53 53
スタミナ18曲(スタミナ2倍消費) 50 100
スタミナ19曲(スタミナ2倍消費) 53 106
イベント曲 320 -150
イベント曲(エンブレム2倍消費) 640 -300
イベント曲(エンブレム4倍消費) 1280 -600


獲得できるptとエンブレムは上記のようになります。イベント曲はスタミナの代わりにエンブレムを消費してプレイするので、獲得エンブレムはマイナスとなります。
アタポン形式イベントでは、通常楽曲のスタミナを2倍消費する代わりに獲得エンブレムを2倍にすることができます。獲得マニーなどの報酬が1曲分しか貰えないのは勿論、獲得ptも等倍であることに注意が必要です。したがって、時間効率は2倍未満となります。
また、イベント開始から数日後に「後半戦モード」に突入し、イベント楽曲もエンブレムを2倍以上(2倍または4倍)消費できるようになります。こちらは消費エンブレムの倍率に応じて獲得ptを増やすもので、スタミナ2倍消費と違い時間効率はそのまま2倍もしくは4倍になります。

これらを踏まえると、スタドリやジュエルに余裕がある人やプレイ回数を減らしたい(時間があまり確保できない)人はスタミナ2倍消費で、そうでない人はスタミナ等倍消費でエンブレムを稼いでいき、イベント楽曲はなるべく4倍消費でガンガンエンブレムを消費していくのが最も効率が良いと言えそうです。
ただし、エンブレム4倍消費は後半戦モード限定なので、後半戦モード突入までにエンブレムをカンストに近い値で保持しておき、突入したら即使い切るという戦法を取るのが基本的な流れになります。エンブレムは9999個まで所持できることは是非覚えておきましょう。

ちなみに、9999個またはそれに近い数のエンブレムを一気に使い切ることを僕含め一部の人はカンストと呼んでいます(あまり一般的な呼称ではありません)。また、エンブレム5000個ほどを使い切るのをカンストと勝手に呼んでいますが、こちらは誰も使っているのを見たことがありません。


過去の2001位の最終ボーダー(2017/1~2017/6)


ここで、2017年6月までのアタポン形式の2001位の最終ボーダーを確認してみます。


2001位 期間 前半 後半 累計
Yes! Party Time!! 102781pt 6/19-6/26 4日 3.25日 7.25日
モーレツ★世直しギルティ! 85036pt 5/19-6/28 5日 4.25日 9.25日
Noctune 64224pt 4/19-4/26 4日 3.25日 7.25日
∀NSWER 77131pt 3/21-3/28 4日 3.25日 7.25日
情熱ファンファンファーレ 87731pt 2/18-2/26 4日 4.25日 8.25日
Lunatic Show 103834pt 1/20-1/27 5日 2.25日 7.25日


最近は前半戦が4日、後半戦が3日と6時間開催されているイベントが多いようです。その中でも、100000ptを超えている最新のイベントであるYes! Party Time!!はptの目標としてちょうどよく(大抵のイベントはこれより少なくて済むので余裕を持って走ることができます)、また期間も平均的であることから以降はこのイベントのボーダーを追っていくために必要なプレイ回数を求めていきます。


1. スタミナ2倍消費あり


アタポン形式イベントとGrooveイベントの最大の違いは、スタミナ2倍消費により効率よくイベントptを獲得できる点にあります。
まずは、スタミナ2倍消費のみで最後まで回す方法を紹介します。

以前別の記事で、ぴにゃリクエストで全タイプ曲のみにチェックを入れてイベントを回すとスタミナ効率が良いという話をしました。

shinemoon227.hatenablog.jp


あれから5ヶ月経ち、多くの楽曲が追加されたため7/14現在のスタミナ19楽曲の割合は以下のようになりました。小数以下は第3位で四捨五入しています。

スタミナ18 スタミナ19 19楽曲の割合 イベントptの期待値
全楽曲 25 89 78.1% 52.34
全タイプ 5 33 86.8% 52.61
キュート 5 20 80.0% 52.40
クール 9 18 66.7% 52.00
パッション 6 18 75.0% 52.25


イベント獲得ptの期待値は変わらず全タイプ曲のみにチェックを入れたパターンが最も良いということがわかりました。というわけで、以降は追加報酬と効率を考え、全タイプ曲のみにチェックを入れたぴにゃリクエストを回していく前提で話を進めていきます。


まずはエンブレムをカンストさせることを考えます。1曲あたり手に入るエンブレムはイベントptの2倍である105.22個です。したがって、仮に初日のうちにカンストさせるなら最初にもらえる300個を加えて、92曲プレイすれば平均で9980.24個のエンブレムが手に入ることになります。もちろんぴにゃの気分次第で多少は変動しますが、おおよそ90曲前後プレイすれば良さそうです。

これ以降、イベント前半戦が終わるまでは、溢れないように適宜イベント曲をプレイしていきます。おおよそ通常曲を3曲プレイするごとに、イベント曲を2曲プレイするイメージですね。
ひとまずイベントptを10000pt稼ぐまでにどれくらい回す必要があるか計算してみます。Excelに全部ぶん投げたところ通常曲を38回、イベント曲を26回プレイすると10000ptを超えるようです。検算してみると、
\[
38×52.61 + 26×320 = 10319.18
\]
となり、正しいことがわかります。1曲2分45秒で計算すると、3時間12分ほどで10000pt貯められるようです。


Yes! Party Time!!(以下YPT)の前半戦終了時の2001位のボーダーは31088ptでした。そこで、前半戦の間に貰えるエンブレム1500個を含め、エンブレムをカンスト近くまで貯めつつ31000ptほど稼ぐのに必要な楽曲のプレイ回数を以下に示します。ただし、エンブレムがカンストしそうなときにイベント曲を優先して選ぶことは考慮していないので、プレイの順番によっては数曲前後する可能性があります(先の説明のように、エンブレムをカンストさせた状態の選曲に注意する必要があります)。予めご了承ください。



通常 イベ曲 合計 所要時間 1日あたり
25000pt 157 53 210 9時間38分30秒 2時間24分23秒
31088pt(YPT2001位) 178 68 246 11時間17分30秒 2時間49分8秒
35000pt 192 78 270 12時間23分30秒 3時間6分38秒
40000pt 211 91 302 13時間51分30秒 3時間28分38秒


どうやら、YPTのときには毎日2時間49分ほどプレイすれば2001位のボーダーに追いついていたようです。

ここからはいよいよ後半戦です。イベント曲をエンブレム4倍消費で回しても失うのは経験値とわずかな報酬のみですので、ガンガン4倍で回していきます。
YPTの2001位の最終ボーダーは102781ptですので、前半戦の31088ptを差し引いた71693ptを目標としてみます。ちなみに、上記の表は記載されたptちょうどではなく、初めてそのptを超えるまでに必要な曲数です。そのため、前半戦と後半戦の曲数分プレイしても102781ptにならない点に注意してください(もっとも期待値の話をしている時点でptに多少ばらつきが出るのは当たり前なのですが…)。

ひとまずカンストさせておいたエンブレムを使い切ってみます。4倍消費で連続して回せる回数は16回で、その所要時間は1曲2分45秒とすると44分ほどです。一度エンブレムを使い果たすだけですが、これだけでなんと20480ptも稼ぐことができます。時速20000pt超えとは恐ろしい速さですね…。

続いて、前半戦同様10000pt稼ぐのにかかる時間を計算します。後半戦だと通常曲40回とイベント曲7回で10000ptを超えますが、
\[
40×52.61 + 7×4×320 = 11064.4
\]
と10000ptを大きく上回ることがわかります。これは、エンブレム4倍消費を優先した結果、エンブレムが600個貯まるまでイベント曲をプレイできないために起こります。ここまでにかかる時間は2時間9分15秒ほどですが、途中でエンブレムを等倍もしくは2倍消費することで「10000ptを超えるだけなら」数分縮めることができます。


後半戦でYPTの2001位ボーダーに追いつくために必要なプレイ楽曲数です。こちらも、数曲前後する可能性があるのであくまで参考程度にご利用ください。


通常 イベ曲 合計 所要時間 1日あたり
65000pt 154 45 199 9時間7分15秒 2時間48分23秒
71693pt(YPT2001位) 176 49 225 10時間19分45秒 3時間10分23秒
75000pt 188 51 239 10時間57分15秒 3時間22分14秒
80000pt 207 54 261 11時間58分45秒 3時間41分51秒


というわけで、スタミナの2倍消費とエンブレムの4倍消費の両方を行った場合、YPTの2001位のボーダーに追いつくためには最後の3日と6時間で1日3時間10分程度のプレイが必要だったことがわかります。


2. スタミナ2倍消費なし


エンブレムのカンストにかかるプレイ回数は大幅に増え、184回も通常曲をプレイしなくてはなりません。
また、10000pt稼ぐのに必要なプレイも、通常曲63回とイベント曲22回となり、3時間54分ほどもかかるようになります。
これらを踏まえた上で、YPT前半戦の2001位ボーダーと同じ程度稼ぐのに必要なプレイ回数を見ていきます。


通常 イベ曲 合計 所要時間 1日あたり
25000pt 263 35 298 13時間40分30秒 3時間25分53秒
31088pt(YPT2001位) 299 48 347 15時間54分15秒 3時間59分34秒
35000pt 325 57 382 17時間31分30秒 4時間23分38秒
40000pt 353 67 420 19時間15分 4時間49分45秒


やはり、スタミナ2倍消費をしたときと比べてかなりの回数がかかってしまうことが分かるかと思います。


続いて後半戦です。イベント曲は先程と同じくエンブレム4倍消費とします。
エンブレムを使い切るのにかかる回数は同じなので割愛します。

10000pt稼ぐのに必要なプレイ回数はエンブレム4倍消費により減るものの、通常曲69回とイベント曲6回という非常にアンバランスな回数になってしまいます。

最後に、YPT後半戦の2001位ボーダーに追いつく程度のプレイ回数を示します。


通常 イベ曲 合計 所要時間 1日あたり
65000pt 261 41 302 13時間51分30秒 4時間16分32秒
71693pt(YPT2001位) 295 44 339 15時間32分15秒 4時間47分51秒
75000pt 318 46 364 16時間41分 5時間8分
80000pt 352 49 401 18時間23分45秒 5時間39分18秒


前半戦、後半戦ともに毎日1時間以上も余計に時間がかかってしまうため、やはりスタミナ2倍消費で回したほうが良さそうです。

イベントptの計算

もし時間があれば任意のptを稼ぐのに必要なプレイ回数を求める簡単なツールを用意します。





{
\displaystyle
\begin{equation}
\end{equation}
}